長野県内最大級の絨毯・カーテン専門店

お問い合わせ/見積り依頼

ゆうあいスタッフブログ

2015年08月11日

長野県/業務用のオーダークッションも作っています。

縫製所の遠藤です。連日暑い日が続いていますが、仕事場は冷房をフル活用しています。なので家にいるほうが暑いですね。

ところで8日の土曜日から夏の休暇に入っている人も多いと思いますが、ゆうあい店舗も明日の12日~16日までお盆休みでお店をお休みさせて頂きます。よろしくおねがいします。

ゆうあいではカーテン生地を使ったクッションカバーのオーダーも受けています。いつもはカーテンに合わせた共布で作ったクッションカバーなどご提案させて頂いていますが、

今回ちょっと特殊なクッションカバーをと、サンプルでフリル薔薇の付いたクッションカバーを作ってみました。ちなみにこちらのクッションカバーもカーテン用の生地を使用しています。

作り方は、まず薔薇の花のためのフリル生地を切り取ります。今回は7cmの高さを作るサイズで切りました。切り口をロックミシンで縫ったあと生地のギャザーを寄せる為に下部を縫い、糸を引っ張ってギャザーをつくります。これで花部分用の下準備ができました。

後は、クッションカバーの本体用に生地を切り取ります。(サンプルとしてなので、今回はファスナーを付けない簡単クッションカバーで作りました。)カバーの中心に印を付け、ある程度の円の線をチャコペンで描いておきます。薔薇の花の中心辺りは手縫いで整えてから手縫いで本体生地の中心に縫いつけてから、後はひたすら円の形に添ってミシンでフリルを縫いつけていきます。・・・右写真は縫いつけ終わった生地の裏側ですが、ボコボコですね。

これで薔薇の花が完成します。あとはクッションカバー本体を普通に縫っていけば完成です。


・・左写真が、カーテン厚地生地で作りました。厚地生地で作ろうとする場合はカーテン生地の厚みや硬さが無いのが好ましいですね。・・花部分にギャザーを寄せる為にあまり生地に厚みや硬さがあるとギャザーがよりづらいので・・

中央写真はレース生地で作ってみました。柄のあるクラッシュ生地で作ってみたので、やわらかい感じに出来上がっています。・・こちらならクッションにもたれかかってもよさそうですね

右写真はクッションカバーを縫う際にギャザーを寄せたレース生地を一緒に縫いこんでみました。わりとかわいい感じに出来上がっているのではないかと・・

今回、このようなちょっとかわった感じのクッションカバーを作ってみました。お客様のご要望があれば出来るだけ希望に沿ったものを製作していきたいと思います。長野県/茅野・諏訪にお住まいのお客様、オーダーでもクッションカバーはいかがでしょうか?この様なクッションは業務用としての展示もいいかと思います、業務用クッションなどのオーダー品はお任せ下さい。ホテルやペンション旅館などにお似合いと思います。



ページ上部へ戻ります