長野県内最大級の絨毯・カーテン専門店

お問い合わせ/見積り依頼

ゆうあいスタッフブログ

2015年08月12日

壁に貼る防音材と東リバスナフローレ新発売 長野県茅野市ゆうあいにて

みなさんこんにちは、ゆうあいの遠藤です。先日名古屋のメーカーさんの展示会に行ってきて

面白い防音材を見てきました。色がカラフルで防音効果は抜群!!音教室などにも使用されているそうです。ただし価格は驚きの・・・・ですけどね

赤や緑茶色など色はカラフルですね、厚みも5cm位はあっていかにも防音効果が高そうな代物でした。用途は会議室や防音室など、どちらかと言うと業務用って感じの品物ですが、もっとこれらの商品が普及したら一般家庭にも使われることが出てきそうですね。ネックは価格です1万/㎡位はしますので壁全体にはったらかなりの金額になってしまいますね。

音の問題は現代社会のおいては、かなりの重要問題です。騒音トラブルで事件なども起きていますので。...特に東京などの都心のマンションなどは上下左右に人が住んでいるので、長野の一戸建てなどと比較したら音問題は非常に重要と思います。私どもインテリアショップでは主に床の防音対策を考えておりますが、壁の対策もすることで、隣などの騒音を軽減できるのでこれからは壁の音対策も考えていかなくてはならないと考えております。

 

リフォーム用ではお風呂場に敷くマットでその名も「バスナフローレ」!!東リさんから発売している物で、既存のユニットバスの床の上に貼る防水シートの事です。

ユニットバスの床にこの防水のシートを貼ることで、イメージチェンジが出来るだけでなく、床からの冷たさが軽減したり滑りにくくなります。アイボリー系の床に同じアイボリー系ではあまり貼った感がないですが次の写真みたいに濃い色の防水シートを貼ってみると感じが違うのがわかると思います。

東リのバスナフローレを長野県茅野市や松本市でお求めの際には専門知識のある当店までご相談ください。バスナフローレの施工には確かな技術が必要になります。専門の職人までご用命くださいませ。ちゃんとコーティングをしっかりやらないと、のちのちシートが剥がれて来てしまいますので、その点はしっかり施工して下さいね。

 

しかも今年からはユニットバスの床だけではなく、壁にも貼る事が出来る防水シートが追加されました。東リ「バスナウォールユニット」です。

ユニットバスの壁がアイボリーなどの単色が多かったのですが、最近のユニットバスにはナチュナルやダーク系の木目が部分採用されていることが多いのです。最近のユニットバスの方はいいですが、10年前でしたら、アイボリーの単色がほとんどでしたので、この様なオシャレにする事が出来ませんでした。しかしこの東リバスナウオールユニットを使えばオシャレなバスに早変わり~~間違い無しです。

色はマーブルストーンやラインウッドのナチュナル、ダークなど最近のマンションユニットバスにも多く使われている柄が中心です。

ここ諏訪市ではバスナリアルデザイン、バスナフローレ、バスナアルティの施工は沢山は無いと思われますが、これからの商品と思っております。

 

ページ上部へ戻ります