長野県内最大級の絨毯・カーテン専門店

お問い合わせ/見積り依頼

ゆうあいスタッフブログ

2015年11月3日

麻のカーテンや綿のカーテンシェードを長野県でお探しならば

皆様こんにちは長野県茅野市にあるインテリアショップゆうあいの遠藤です。

長野県は今は紅葉がまっさかりです!!日本の紅葉は海外の人にも好評でその代表的な観光地が日光だそうです。現在訪日の観光客は毎年記録を更新し続けているそうですが、ココ信州は誘致が下手なので、さほど外国人観光客が来ていない気がします。

個人的にはその方が静なのでいいのですが経済的にはマイナスですよね。もっと信州の良さをPRしないと駄目ですね。

さてさて本題本題ゆうあいではオーダーカーテンを販売しておりますが、カーテンの素材はポリエステルが主流になっております、どうしてか??といいますと洗えるのが当たり前の今日、カーテンの最大の欠点が洗って縮む事だったのですが、それがポリエステルの素材が出来てから、ほぼ無くなりました。

丈夫で長持ちしかも洗えて。。。。と現在販売されているほとんどのカーテンはポリエステルのカーテンです、(私どもカーテン屋さんにとっては困りものですが、だって長持ちしてしまうからね)しかし天然素材のカーテンも少しは存在しています。中でも綿(コットン)100%のカーテンは地道に人気があります。独特のテキスタイルや発色性がその人気です。

輸入品のカーテンも綿素材のカーテンはよく見かけます。綿100%のカーテンはプリントのカーテンがほとんどです、その仕上がりはすばらしく感じられます。

綿やコットンと並んで少ないですが麻の素材のカーテンもあります。ジュート(麻)のカーテンは本当に珍しく、色や数も少ないですがゆうあいでは下記の麻のカーテンを取り扱っております。

この麻のカーテンは無地のカーテンですが、色の数が沢山あってさまざまなものにコーディネートしやすいと思います。諏訪市にあるゆうあいでは上記の麻のカーテンを扱っておりますので、ぜひ見に来ていただきたいと思います。

麻のカーテンは取扱は注意が必要です、特に洗濯は水洗いは厳禁!!!太陽光にも弱いので、ジュートのカーテンの購入の際にはよく注意点をお聞き下さいね。

松本市周辺の方は塩尻北にあるカーテンショップゆうあいにて麻のカーテンやジュートのカーテンを扱っております。どうしても麻のカーテンは縮みや色あせ、など欠点が多いのですが、天然素材の独特の生地風味はなんとも言えません。

化学繊維全盛の現在ですが、天然素材の持ち味を生かしてみても面白いとは思います。住宅の建材も天然の物が減ってしまって集成材などが主流ですが、(天然木は反るや節があるなどの理由で)科学的な物が体にいいことはありません。

見てくれを気にしてばかり入ると、自然の物良さを見落としてしまいますので、そこは広い心で見てもらえたらいいかなと思います。麻のカーテンはほんとうにいいですよ。

ページ上部へ戻ります