長野県内最大級の絨毯・カーテン専門店

お問い合わせ/見積り依頼

ゆうあいスタッフブログ

2018年09月7日

レースが主役のお部屋

こんにちは。諏訪店のかずみです。

台風の余韻なのか、今日諏訪地方はとても強い風が吹いています。

数日前に長野県に直撃した時も店番をしていたら、夕方から強風と共に打ちつけるような雨。TMレボリューションかかずみか、という感じで雨と風に打たれながら車までダッシュする覚悟をしていたのに、残業して会社を出るときにはすっかり雨もやんでいて。今回もこの辺りはたいしたことなかったな・・と思いながら帰宅したのですが、翌朝何件か先の奥さんが「うちの網戸が御宅の庭まで飛んで行ってしまって・・」と訪ねてきたのでカーテンを開けてみたら、3件分の網戸たちが私の部屋の前で斬新なオブジェみたいになっていました。

御宅の網戸も外れちゃったのね、ここらへんは風が通るから、昨日はすごい風の音で眠れなかったでしょ?と奥さん。心配してくれてありがとう。でもうちの網戸が外れたのはもうかれこれ3日くらい前。家の鍵を見つけられなかった酔っ払いの私が窓から部屋に入った時にひっかかったからで台風の被害ではないし昨日も爆睡。結局今回もこれといった被害はなく私の台風は過ぎて行きました。

さて今日は、最近やらせていただいた素敵なレースの施工例を紹介します。

気に入って購入された祭壇を豪華に飾りたいとのことで、レース生地でバランスをつくりました。向かって右側はリターンにしないとレールが見えてしまうので、生地で綺麗に隠れるようにしました。(上の扉もちゃんと開きます)

おうちの窓はクオリティーの高い奥様のお手製のバランスがついているのですが、「バランス作りは生地もたくさん使うし制作も大変。今回はプロの方にお願いしようと思って。プロの方がつくったらどれだけ素敵なものができるか楽しみです」というお言葉をいただきまして、その後納品までにバランスがうまくつかないという夢を3回見ました。(心配事がすぐ夢に出るタイプ)それでもゆうあいのスタッフやメーカーさんにアドバイスをいただきながら無事納品できました。お客様にも喜んでいただいて嬉しかったです。

 

次は、フシのある糸を使った素材感のある生地選んでいただいたお部屋。大きな窓の外は豊かな自然に囲まれているので、真っ白なレースより少し色がある方が景色にも、選ばれたドレープにもしっくり馴染むのではないかとおすすめしました。(写真の真ん中の色)

カーテンレールも天井のすぐ下の位置に施工したので窓が大きく、お部屋も広く見えます。

 

最後はフジエテキスタイルの個性的なレースを選んでいただいたお部屋。男性の一人暮らしでカーテンはいらない、レースだけでいいとのことでしたので、デザイン性の高い生地がたくさん載っているPROFILEのカタログを持っていきました。

このツヅラオリという生地はレースですが透け感のある部分が少ないので、一枚吊りにピッタリかと思います。シンプルですが存在感のあるオシャレな生地で、色違いのネイビーもありますよ。いい感じだとメールで写真を送ってくださいました。

 

カーテン生地は真剣に選ぶのに、レースはなんでもいいや、という方がけっこういらっしゃいます。でもきれいな刺繍や模様に光がさして床や壁に映ったり、やわらかく素材感のある生地が風に揺れている光景はとても素敵ですよ。(とはいえ台風の時は窓を閉めてください)

 

 

 

 

ページ上部へ戻ります