長野県内最大級の絨毯・カーテン専門店

お問い合わせ/見積り依頼

ゆうあいスタッフブログ

2020年11月28日

秋が冬の味覚になりつつありますが、、、

こんにちは
ネット事業部 松本です。

先日知り合いから宿儺南瓜(すくなかぼちゃ)をいただき、簡単なおやつを作りました。

材料は、下記4点のみ。

・ホットケーキミックス 小袋2個
・カボチャ 400~500gくらい
・絹豆腐 180g
・ヨーグルト(パサパサにならないように)30~40gくらい

卵、砂糖、牛乳も入れませんでした。
とってもシンプルですが、豆腐が入るとちょっと健康そうな感じですね!

また、今回は思いつきで作ったので、分量は適当です。
そのため『くらい』というアバウトな分量になってます。

作り方もシンプルです↓

1.カボチャを一口大に切って、耐熱皿に入れラップをし柔らかくなるまでレンジで温めます。竹串がすぅーと刺さればOKです。
2.皮は除いて、ボールに移しマッシャーやフォークなどでつぶします。
3.2のボールに豆腐(水切りしてません)とホットケーキミックスを4回に分けて入れ捏ねないように混ぜます。
4.3にヨーグルトを入れさらに混ぜます。
5.フライパンに油をひいて、全量入れ気持ち平らにして、蓋をして弱火でじっくり(15分くらい)焼きます。
6.表面が軽く固まってきたらひっくり返して、2分くらい焼いて出来上がり。
7.冷まして、粉糖をふります。

本来なら、3の作業は、豆腐とヨーグルトを先に混ぜ、そのあとホットケーキミックスを何回かに分けて混ぜ合わせるのがベストだと思います。

今回私は、ホットケーキミックス入れて混ぜてる間に水分が足りないことに気付いて、
後からヨーグルトを入れたため、工程がおかしなことになっています。

ホットケーキミックスはあまり混ぜすぎないほうがいいので、
工程を逆にするとふわっと焼きあがるのではないでしょうか。

また、ヨーグルトで水分調整したのには理由がありました。
作る前にレシピをいろいろと検索していた際、
パサっとしないホットケーキの作り方にヨーグルトを入れるといいと書いてありました。
もちもちとした食感にしたかったので、ヨーグルトがピンときて入れてみた次第です!

勘に任せた分量でしたが、もちっり甘さ控えめのカボチャケーキが出来上がりました。
もしかしたら、ヨーグルトを先に入れてたら、もう少しボリュームが出たかもしれません…。

さて、本日は抗ウイルス・抗アレルゲン機能が付いたカーペットを紹介したいと思います。

可愛らしい名前の【アイナ】

ポップな印象のカラーと北欧調のシンプルなデザインがおしゃれな1枚です。

こちらのラグの特徴は、細菌やウイルス、花粉など空気中の有害物質を高い吸着力でとらえ、
太陽の光(紫外線)の力で二酸化炭素と水に分解してくれる光触媒チタンアパタイト機能がついていることです。

すべての菌に効果があるわけではありませんが、
ラグを変えることにより、お部屋の環境で普段から気になっていた部分が軽減できることもあります。

お色は3色。
手洗いOK。
ホットカーペットや床暖房にも対応しています。
また、裏面は、床面にやさしい不織布張りです。
サイズは、商品ページをご覧ください。

是非ラグ選びの際は、気に入ったデザインに素材、プラス機能性も視野に入れてご覧になってみてください。

ネット事業部 松本でした。

ページ上部へ戻ります