長野県内最大級の絨毯・カーテン専門店

お問い合わせ/見積り依頼

ゆうあいスタッフブログ

2021年10月25日

抗体を入手しました。

皆さんこんにちは。インテリアショップゆうあい諏訪店の古澤です。

ワクチン2回目接種による、高熱の副反応に苦しんでから2週間ほど経ったので、こちらの抗体検査キットで抗体が出来たのかどうかチェックしてみました。

※今回はこのキットにまつわる話だけになります。申し訳ありません。

このキットなんですが、血液を必要とするので付属の専用針で指をさし、そこから血を採る仕様になっています。

実際刺して血は出たのですが、微量すぎて最低必要になる1滴すらも吸い取れないという残念な結果を受け、画鋲やらマチ針で十分な血を出すというシンプルな(自傷行為)DIY方式で再チャレンジをしました。

20回ほどトライし針をめり込ませたのですが、出血に至らず「これは相当深く刺さないと勝てない」「角度を変えればそんなに痛くないかな?」など自分の中で本能的恐怖との激闘を繰り広げつつ

最終的に「今日はコンディションが悪い」という言い訳で採血を断念しました。

このキットで私の様に微量しか出ずに自分で血を出したという方もいらっしゃると思いますが、その恐怖を乗り越えた方には尊敬の念でいっぱいです。

帰宅した後、さぁどうやって出血しようと考えているうちふと自分の手に目をやると人差し指にささくれが。寒くなってくるとよく手にささくれって出来ますよね。

その瞬間ひらめきがありました。そのささくれを限界まで押せば十分な血が得られるのではないかと。

結果から言えばその作戦は功を奏しました。

全力の絞り出しに呼応し、そこから血があふれ出してきたのです。すかさずスポイトで吸い取りキットに投入。検査に必要な量を奇跡的に痛みなしで確保できたのです。

これから毎日針を指に突き刺し続ける毎日が続くか、いっそのこと全力で壁に顔を打ち付けて鼻血を出すしかない、というところまで追いつめられていた私にささくれが救いの手を差し伸べてくれたのです。

その時ほど、ささくれに感謝をした瞬間はありませんでした。

世の流れから見てもこれから抗体検査を行う機会は増えてくると思います。私の体験はほとんど参考にはならないかもしれませんが、今回使ったキットに関して言えば、専用針を何回も刺せる仕様にしてもらえたら凄くありがたい気がします・・

(一回使うともう二度と刺せないようになっています。)

さて今回の検査の結果ですが見事に抗体を入手していました。

100%安心できるわけではありませんが、長いこと抗体を手に入れることを待ち望んでいたので感無量です。

世間では感染者の激減を受け、経済活動とコロナ抑制の両立を目指し色々と動き出していると聞きます。

第6波の懸念はありますがワクチン接種証明を使いこなして機動的に対処していければ第5波ほどの状況にはならないかもしれませんね。

はやく今まで通りの日常が戻ることを願います。

以上インテリアショップゆうあい諏訪店、古澤でした。

 

 

 

ページ上部へ戻ります